6日から始まる、大阪での上映期間のトークゲストが決まりました。以下、記させて頂きます。なお、私切通理作は毎日登壇させて頂きます。

■大阪 第七藝術劇場 1/6(土)~12(金) 連日20:40より
 http://www.nanagei.com/

1/6(土)  初日舞台あいさつ&アフタートーク 深琴(主演ヒロイン) 切通理作(監督)

1/7(日)   舞台あいさつ・深琴(主演ヒロイン) 
       アフタートーク 切通理作(監督)

1/8(月)  切通理作の異常な愛情、または彼は如何にして心配するのを止めて映画を作るようになったか?
トークゲスト・ 浅尾典彦((映画ライター・プロデューサー・夢人塔代表)

1/9(火)  ひとが映画でエロを撮る衝動とは?
トークゲスト・原一男(映画監督)

1/10(水) 長靴を履いた猫の靴下の中で見つけたエロース
トークゲスト・竹内義和さん(作家、コラムニスト、出版プロデューサー)

1/11(木)  初公開!『青春夜話』メイキング上映(東京上映では未公開)

1/12(金)  映画でセカイは変えられるのか
トークゲスト・ 西尾孔志(映画監督)

なお、リピーター特典についてですが、第七藝術劇場では2回鑑賞で特写フォト3枚組セット、3回鑑賞で同5枚組セット、4回以上の方はその都度大きく引き伸ばした写真を一枚ずつプレゼントということにいたしました。

また、同じ大阪第七藝術劇場で、公開開始の6日(土)とその翌日、【切通理作 批評ワークショップ「お前がセカイを変えたいなら」】を行います。
2018.1.6(土) – 1.7(日) 
http://www.theater-seven.com/2018/ev_180106.html

いささか気恥しいタイトルですが、開き直ります!西尾孔志監督に付けて頂きました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 自分が書いた文章で、セカイを少しだけ変える事ができるかもしれない。
批評にはそんな力があるはずである。
映画からセカイ系アニメやロックなど、カルチャー批評の雄・切通理作氏を講師に招いての《批評を書いてみる》ワークショップ。(内容紹介文より)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 それにしても「お前がセカイを変えたいなら」というタイトル。ライターになれますとかいう次元じゃなくて、スケール大きい。「乗ったゼ!」という気分です。