昨晩、ポスターの筒を何本か持ってふたたび新宿に降り立った私は、『青春夜話』でロケに使わせて頂いた終夜営業の花屋さんに「映画が出来ました」とご挨拶に行きました。

チラシを置いて頂き、ポスター貼って下さるそうです。撮影にご協力くださったのがありがたいのに、その上、感謝感激です。

花屋さんのシーンは音楽含め、サイレント映画風になっています。店員役は和田光紗さん。

そしてインディペンデント映画の世界では伝説的な、あの人が出演されています。ぜひスクリーンでたしかめてみてください。

最近ゴールデン街の近くに移転した、新宿ツタヤさんの4階にもチラシ置かせて頂きました。

そしてゴールデン街5番街の「銀河系」に行きました。こちらは本作にもコメントを寄せていただいた足立正生監督の映画『銀河系』にちなんで名前が付けられたお店で、以前は女優の伊藤清美さんが引き継いでいましたが、現在は演出家のキタムラアラタさんことAliciaさんのお店になっています。

Aliciaさんになってからフードとお酒がものすごく本格的になり、静かな雰囲気重視のお店になりました。お酒疲れでコーヒーだけ飲みに行きたいなんていう贅沢にも、似合う空間です。
こちらではポスターを貼っていただき、チラシ置いてくださり、かつ、前売り券も売っていただくことになりました。「こちらのお店で買うと、監督から買うのと同じくらい安くなりますよ!と書いておいてください」と、Aliciaさんに言われたので、いま書きました。もちろん真実です。

同じく5番街の「鳥立ち」。
『深夜食堂』の松岡錠司監督からは、「ゴールデン街のリアル<深夜食堂>」と呼ばれているこのお店。マスターと私は、なんとお店を始める前から、ある別の酒場で、飲み客同士で知り合った仲。「今度ゴールデン街に店出すんですよ」と言われて、半年後、オープンしました。
マスターは映画に造詣が深く、「映画芸術」誌の年間ベストテンの審査員も経験されています。

こちらもチラシ置いて頂き、ポスターも貼って下さるとのことで、預かって頂きました。

そして、やはり5番街の「マチュカ・バー」。こちらのママさん西原麻知子さんは、お店を閉めた後の他の場所の女性たちの間でも慕われている、ゴールデン街のニール・ヤングのような方。僕にとっても憧れの女性です。
こちらのお店では、これまでもミュージシャンや映画監督が「一日店長」をされてきましたが、今度11月の公開前に、私も「一日店長」をさせていただくことになりました!

引っ込み思案で、チケットの手売りにオクテになるであろう私が、なんとかその場としても設定して頂こうともくろみ、お願いした次第ですが、それよりなにより、麻知子さんと同じカウンターに立てるのが、夢のようです。
日にちが決まったら、ご報告しますので、皆さんぜひ呑みに来てくださいませませ!

もちろん、私にとってもバーのカウンターの向こうに立つなんて、生まれて初めて。映画の登場人物になった気分です(『青春夜話』の中ではホームレス役ですが)。