京都・出町座での『青春夜話』上映期間、並行して、「切通理作の ひらけ!サブカル講座!」を開催させて頂くことになりました。
 以下、出町座さんによる前口上をお読みくださいっ!

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 2/10より出町座で1週間レイトショーとなる『青春夜話』で映画監督デビューを果たした切通理作さんによる、“本職”のサブカルチャー講座を日替わりでおこないます。
 各日テーマを設け、切通さんとその道を極めたゲストとのトーク形式で広く深くサブカルチャーの世界へとご参加の皆さまを誘います。
 「このジャンル、なんとなく知ってるけど、これまであまり接したことがなかったな~。けど興味はあるんだよな…という方、はい、そんなあなたのための絶好の機会です。
 これまで多岐にわたるサブカルジャンルに分け入り、多くの取材や著作をものした切通さんがナビゲートします!ぜひその未開の扉を今こそ開いてください!
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 というわけで、以下の項目で、全6回、行います!

2月11日(日)テーマ「君の心に『怪獣』は棲んでいる!」 ゲスト・浅尾典彦さん(メディア・ライター、夢人塔代表)
 未確認生物(UMA)の要素と、登場したとたん、その存在を観客に実感させてしまうディテールの共存。怪獣こそ「映画」であり、あなたの深層心理そのもの!
 海外モンスターにも詳しい浅尾さん交えて、日本の<怪獣>文化を浮き彫りにします!
 

12日(月)テーマ「サブカルで生きていくということ」 ゲスト・アリスセイラーさん(歌手)
  「サブカル」という言葉を自分で名乗るのは本来あまり好きでありません。
  けれども、道なき道を行き、名づけられない存在でいることが「サブカル」なのだとしたら、そして、それで生きていくことすら出来るとしたら?元祖カルトヒロインと語ります。

13日(火)テーマ「エンタテイメントにおける『ヒーロー』の力」 ゲスト・竹内義和さん(作家)
  ウルトラマン、スーパーマン、スター・ウォーズ、正義の代弁者の「ヒーロー」に憧れて育った人は多いはず。
  いつしかそれは照れやからかいの対象に。それでも残るヒーロー魂の真髄を、作家であり語りのエンターテイナー・竹内さんと語ります。
  

14日(水)テーマ「読みたいアナタと、描きたいアナタをつなぐ実践的漫画論」 ゲスト・牛田あや美さん(京都造形芸術大学・マンガ学科教員)
  マンガは漫画家の表現であるとともに、商業的な要請で作られた総合表現でもある。そんな世界に、好奇心を持ったアナタが、バーチャルに入り込むことが出来る。
  漫画家志望の人が漫画家になるのを無数に目撃し、育てていった京都造形芸術大学の牛田さんをお迎えします!  
  

15日(木)テーマ「ポルノ映画で描かれる<青春>」 ゲスト・寺脇研さん(映画評論家)
  キラキラした、プラトニックなだけの青春なんてニセモノよ!
  文部科学省「ゆとり教育」の推進者であり、映画評論家としてはポルノ映画もわけへだてなく語ってきた寺脇さんと、青春映画の普遍的な魅力を語ります。

16日(金)テーマ「AV女優から映画女優、そして映画制作へ~『青春夜話』主演・深琴の軌跡」 ゲスト・深琴さん(女優)
  親や世間に理解されなくても、自分で信じた道を行く。その実践の過程にある深琴さんが、業界で生きていく女の子の実際のありようや、ファンとの関係についても赤裸々に語ります。
  毒舌トークの中に見える純粋さに打たれること必至!
  

***

会場:出町座
時間:連日18:15開場/18:30開始(19:30終了予定)
参加費:1000円
 https://demachiza.com/event/710
+++

 全6回ですが、バラバラの参加もちろん大歓迎!
 内3回来られた方は、私の著書を一冊、全6回来られた方は、もう一冊進呈いたします。
 寒い季節、気持ちに追い風を作るための「心のかまくら」にようこそ!